ホームページを作るにあたって

更新:

ホームページ(ウェブサイト)を作るにあたっての基本事項について記します。

ホームページの種類

会社やお店のホームページ、ブログ、ウェブサービスなどいろいろあります。

どのようなタイプのホームページで、何をどのように配信するのか方向性を決めます。

例えば、会社のホームページに記載する項目には以下のようなものがあります。

  • 会社概要
  • 事業内容、商品、サービス
  • アクセス(交通手段)
  • お問い合わせ・連絡先
  • 求人情報

デザイン

ホームページ全体のデザイン、メニューやメインコンテンツの配置などを決めます。

必要な写真や画像などを用意します。

テーマカラーのようなものを決めておくと全体的に統一感が出ます。

CMS

代表的なCMS(コンテンツマネージメントシステム)としてWordPressがあります。

昨今、1からHTMLでホームページを作るのではなく、WordPressを利用するケースも少なくありません。 WordPressは「ブログ」というイメージですが、テーマ(テンプレート)次第で会社のホームページのような構成も可能です。

レンタルサーバー

レンタルサーバー会社が提供しているサーバーを借りて(契約して)ホームページを運営します。

アクセス数がそれほど多くない小規模なホームページであれば、月額500円程度の安いプランで問題ありません。

独自ドメイン

.com や .net といったものがドメインです。 トップレベルドメイン(TLD)と言います。

独自ドメインを使用した方が、ホームページ訪問者の印象は良いでしょう。

安いドメインであれば年額2000円弱です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加